+-0
絵の向上に勤しむ?人間が運営するブログ
シン・ゴジラ
ようやく見てきました
実は今回の映画を見るに当たって事前情報を可能な限りカットしていたのでかなり新鮮味がありました
事前情報を極力得なかったので過度な期待はせず、マグロの再来も覚悟の上で見たわけですが想像以上に良く出来ていたので非常に満足です
シン・ゴジラは過去のシリーズとは繋がりがないので、今回から初めて見ると言う人でも安心してみることが出来るのでおすすめです

以下がっつりネタバレ






今回のゴジラは、序盤からある程度顔出しがありの人間ドラマをガッツリ描いていたので、米ゴジラ2014の時みたいな「ゴジラの出番少ない・・・」と言った不満点がなく、あくまでゴジラを中心にして物語が進んでいたので良かったです
最初は水中生物っぽいデザインから進化(変態)していくと言う新しい要素があったので、新鮮味が非常にありました
が、パット姿が変わってしまった印象があり、せっかくのフル3DCGなんだからもう少し段階的に進化の過程を描写して欲しかったと言うよくもあります
ゴジラの倒し方も超兵器抜きで現在行えそうなプランで倒した?のも良いですね
初代ゴジラ時代の科学力で今作みたいなことが出来たのかも気になるところです
薬は注射よりも飲むのに限るって昔偉い人が言ってた

肝心なゴジラさんですが、今固体は技のレパートリーが良いですね。色々なところから熱線出します
背中から大量に出しているのを見て、ゴジュラスギガのゾイドコア砲を連想させるような描写もありました
が、どうにも頭はそこまでよくないらしく、エネルギーの限界まで熱線出すようですね(まだ制御できてなかった?
ただ死角にも兵器で狙っているのでゴジラとしてはそうとう強力な固体かもしれません
尻尾からも熱線出てたので劇中見ながらモスラ幼虫克服したかぁとか思っていたのはナイショ


決戦の部隊は東京でしたが、ゴジラシリーズは今まで東京駅でドンパチしたことが無かったので(サンリオ除く)、今回東京駅という戦場は非常に新鮮味があり、後半の電車爆弾?など地形を活かした戦術も展開されたので興奮しました

音楽は過去の曲を多く採用されていたので懐かしくテンション上がる反面、新規楽曲との差が結構目立ちました


と、まぁ色々興奮したけど、一番興奮したのはもしかしたらスタッフロールの最後の最後で唐突に流れたゴジラVSメカゴジラのメインテーマかもしれません
気合入れて見ていた本編が終わって、力抜いてEDを眺めていたので完全に油断しました
私が始めて映画館で見た映画がゴジラVSメカゴジラなので、思い入れも込みこみの映画館音質でメインテーマが流れたらそりゃ興奮しますよ

色々と本編中に語られてないことがかなり合ったけど、そう言うのを考えたりする余裕を残すってのは私は好きですよ

まとめると、面白かったです

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 +-0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.