+-0
絵の向上に勤しむ?人間が運営するブログ
最後の一番星
なんだかんだで一年あっという間でしたね
放送当初は観るつもり無かったけど友人に進められてなんとなく観始めたらここまで来ました

近年まれに見る毎週気持ちよく見れる系アニメ
公式のコンセプトが明るく、楽しく、かっこよくらしいのだけど、しっかりコンセプトが生きていたと思います
盛り上がり方もカードゲームにありがちなこのドローに賭けるみたいなテンプレが少なくて安心して見れました
一年間楽しく見れただけに終わってしまうのが名残惜しい
次のシリーズは少しお休みして来年かららしいので見るかもわかりませんね
肝心の本編だけど先週までの絶望感が嘘みたいに盛り返していきましたね
わかってはいたけど三龍神が三体そろったりチビドラ達が三体並ぶタイミングは興奮しました
そんな中唯一倒された(相打ち)ブルムノヴァ・・・

そもそも最終回としての流れをしっかりわかっていることに鳥肌
OP無しのスタートから始まって、逆転シーンでOPが流れてEDで1クール目のOPが流れて最後の最後でエピローグが入る
もう満点の最終回でした
三羽鴉も良いとこ持って行くし良いキャラ多かったなぁ


カードの力で人が生き返るのは、カードゲームでは良くあること

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 +-0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.